人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

現場の課題解決へ ポータルサイト「農辞苑」提供開始 アグベンチャーラボ2024年2月27日

一覧へ

JAグループのイノベーションラボである一般社団法人AgVentureLab(アグベンチャーラボ)は2月27日、農業を支援する数多くのサービスを一元的に集約した農業者・農業団体向けのポータルサイト「農辞苑」の提供を開始した。農業支援サービスの提供者と課題解決を望む農業者とのマッチングを促進する画期的なポータルサイトで、開発にはJA全青協なども協力し現場の声を反映したサイトとなっている。

「農辞苑」は利用者がトップページから質問に答えていくことで自分が抱える課題を明確にすることができる。

たとえば「どんなことにお困りですか」という画面では「生産」、「販売・流通」、「経営」、「補助金」の4つのどれかをクリックすれば次の画面に移る。「生産」を選ぶと、たとえば労働力の確保や収量の向上、スマート農業の導入などの項目が示されて、その項目を選ぶと具体的に提供されているサービスを知ることができるというかたちでマッチングを促進する。

イメージ

「課題一覧」や「サービス一覧」というタグもあるため、それを利用して自分の課題解決に役立ちそうなサービスを知ることもできる。そのほか、栽培品目や経営規模、法人か非法人か、あるいは地域の条件など個別の条件での検索もできる。また、農業者向けのほか、農業団体向けとして「農家の生産支援」、「農家への融資」など課題が整理されている。

イメージ2

アグベンチャーラボは農業現場の課題解決をめざして事業を展開してきたが、農業者単独では適切なサービスを見つけることが難しいとの現場の声を受け、農水省の令和4年度補正予算の「農業支援サービス事業インキュベーション緊急対策」を活用して開発することを決めた。

開発に当たっては現場の声を活かすためJA全青協の協力を得て、単組や支部段階で作成されたポリシーブックを100程度収集、そこに盛り込まれた農業者が抱える課題を網羅的に整理し「農辞苑」を開発した。

使用中サイトの利用は無料だが、見つかった農業支援サービスを利用するにはアカウント登録が必要となる。サイト上でサービス事業者とシームレスに商談を行えることも特徴だ。

JA全青協の稲村政崇会長は「青年部が作成しているポリシーブックの情報も取り入れられたことで、いつでもどこでも携帯一つで課題解決への道筋が見える化されたことを嬉しく思う。青年部が地域農業について話し合うツールとして有効に活用したい」と話す。

また、全国農業青年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)の水野弘樹会長は「クラブ員同士が有益な情報を持ち寄って成長できるようなネットワークを大切にしているが、先進的なサービス情報を集めてくることは容易ではない。農辞苑のような情報源は私たちがまさに必要としていたサービス。より多くのサービス事業者に参加していただきたい」と話している。

農辞苑
https://noujien.agventurelab.or.jp/

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る