人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAしまねと業務提携を締結 ジュンテンドー2024年4月3日

一覧へ

JAしまねと株式会社ジュンテンドー(島根県益田市)は3月28日、1月から協議してきた業務提携に関する調印式を開き契約を締結。両者の経営資源や経営ノウハウを相互に有効活用し、地域の農業を支える基盤として、より高い機能を備えた協力関係の構築をめざす。

業務提携を締結したJAしまね石川寿樹代組合長(右)とジュンテンドーの飯塚正社長業務提携を締結したJAしまね石川寿樹代組合長(右)とジュンテンドーの飯塚正社長

ジュンテンドーの店舗網ではこれまで、JAしまね (島根おおち地区本部)の植物苗、正月飾り、お米を販売しており、JAブランドの品質と信頼は農家や一般の消費者に高く支持されている。同社は、経営理念に「地方都市・中山間地・離島のなくてはならないインフラになろう」を掲げ、農業園芸部門の強化とロイヤリティの向上を図っている。一方、「農業振興」「地域振興」を掲げるJAしまねは、組合員の利便性向上を課題としていることから、両者で協業に向けて検討してきた。

業務提携のイメージ業務提携のイメージ

協業によりJA組合員は、JAの「おさいふカード」と連携登録したジュンテンドーの「いきいきポイントカード」を提示して買い物することで、通常の2倍となる200円に付き2ポイントが付与される。また、これまでJAの資材店舗へ苗物や鶏糞等を納入していた組合員について、JA経由でジュンテンドーの売り先を確保するなどのメリットがある。

JAのメリットとしては、稲作ごよみに掲載の肥料・農薬などJAマーク品コーナーをジュンテンドー店舗内に設置やJA「おさいふカード」へのポイント還元などがある。また、既存の資材店舗にミニホームセンターの出店の可能性を検討する。

一方、JAと連携することでジュンテンドーは、商品ラインアップを充実するとともに、農業園芸部門を強化。また、JA組合員(お財布カード会員)を紹介することで同店の利用者拡大を図る。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る