人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

JA全農特別協賛 小学生以下の卓球大会が13日スタート2024年4月12日

一覧へ

JA全農は、日本卓球協会が主催する「全農杯2024年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」に特別協賛する。4月13日の三重県大会、和歌山県大会、宮崎県大会を皮切りに都道府県予選がスタート。7月26日~28日に神戸市で開かれる全国大会への出場を目指し各地で熱戦が繰り広げられる。

2023年広島県予選を戦う小学生2023年広島県予選を戦う小学生

同大会はホープス(小学6年生以下)、カブ(同4年生以下)、バンビ(同2年生以下)の各種目の頂点を決める大会。各都道府県予選を勝ち抜いた子どもたちが全国大会へ出場し、日本一の座を競い合う。 JA全農は2013年から同大会に特別協賛。各都道府県予選で副賞として地元産の米や肉、加工品(飲料品・レトルトカレー等)などを提供し、前回提供した商品は、精米が計約2.7トン、肉類が約108キロ、加工品等が101品目にのぼった。また、参加賞として、お湯を入れるだけで炊き立てのごはんが味わえる「インスタントごはん」を提供するなど、出場選手を「ニッポンの食」で応援する。 世界で活躍する卓球日本代表選手の多くが過去に出場した登竜門と呼ばれる同大会。未来のスター候補となる子どもたち約6000人(2023年実績)が7月の全国大会を目指して出場する。全農は、子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を「ニッポンの食」を通じて応援する。

2023年山形県予選での副賞贈呈 2023年山形県予選での副賞贈呈

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る