JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:全国のJAのホームページから

2018.10.05 
シンガポール明治屋で徳島県産米をPR JA全農とくしま一覧へ

シンガポール明治屋で徳島県産米をPR JA全農とくしま3 店内の特設オーナーで米穀総合課の職員が、炊き立ての平成30年度産「阿波そだちコシヒカリ」の試食・販売を実施した。
 徳島県産米は平成21年よりシンガポールへ輸出しており、「今年のお米も非常においしい」と定番商品として高く評価されている。

 

 

 

 

 

シンガポール明治屋で徳島県産米をPR JA全農とくしま1シンガポール明治屋で徳島県産米をPR JA全農とくしま2

(写真)店内のようす

 

 詳しくは、JA全農とくしまのウェブサイトのページ「シンガポール明治屋「秋の収穫祭フェア」にて徳島県産米のPRを実施しました」をご覧ください。

 JAcomでは各JAのホームページの紹介をしています。お問い合わせがございましたら電話またはメールにてご連絡ください。
TEL:03-3639-1121
メール:genko@jacom.or.jp

 

(関連記事)
お米で育った畜産物を積極PR 日本養豚協会(18.09.14)
北海道は「不良」 30年産水稲の作柄概況-8月15日現在(18.08.31)
旬のサンマに「スダチ」 目黒さんま祭りでスダチをPR JA全農とくしま(15.10.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ