左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:今さら聞けない営農情報

【今さら聞けない営農情報】第50回 作物の生理障害Ⅱ 要素障害の症状と対策(1)2020年5月8日

一覧へ

いまさら聞けない営農情報0508

作物は、自身を取り巻く環境から様々な影響を受け、作物の生育に必須な要素である窒素が土壌中に不足したり、過剰に存在したりすると、作物の生育に影響を与えます。

このように、作物の生育環境の生育への不適化に応じて発生する障害を総称して「生理障害」と呼び、前回は要素障害の発生メカニズムと改善方法の概要を紹介しました。

今回は、主な必須要素である、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウムの5つについて、要素障害の症状、原因、対処法について整理しましたので参考にして下さい。

要素障害の症状は、要素によって似たような症状が発生し、わかりづらい点もありますが、1つの作物であれば、要素ごとに発生する症状が異なりますので、それの組み合わせを正確に覚えておくと、生理障害に関する診断に役立ちます。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る