Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

コロナ対策 農家の不安解消を【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2020年7月31日

一覧へ

新型コロナウイルス感染症の拡大は農業分野にも影響を与えている。先の見えない状況に大きな不安を抱えている農家や組合員が、いま最も求めているは的確な情報である。JAの広報誌はこの要望に応える責任がある。いくつかのJAがコロナ特集を組んでいるなかで、特徴的な記事を拾った。

JA南アルプス市「JA南アルプス市」(山梨県)JA南アルプス市「JA南アルプス市」(山梨県)(クリックで拡大)

◆販売支援をアピール
JA南アルプス市「JA南アルプス市」(山梨県)

コロナ対策に関して、まず頭に浮かぶのは農産物の販売対策だが、広報誌「JA南アルプス市」は、販売支援をスポット的に紹介している。山梨県は静岡県と、県産品を相互購入する「バイ・ふじのくに」のキックオフイベント、JAによる組合員へのマスクプレゼント、野菜販売のドライブスルーの取り組みを、それぞれ1ページ使って紹介。

「対策」といえば堅苦しくなりがちだが、いずれも写真をうまく組み合わせ分かりやすくまとめてある。


JA松本ハイランド「夢あわせ」(長野県)JA松本ハイランド「夢あわせ」(長野県)(クリックで拡大)

◆経営持続をサポート
JA松本ハイランド「夢あわせ」(長野県)

農家やJAにとって、コロナ禍で心配なのは農業経営へのダメージだが、「夢あわせ」は、今年度、国の第2次補正予算で措置された「経営継続補助金」について「Q&A」の形で説明している。

農水省のホームページにも「Q&A」はあるが、農機や軽トラックの購入などは対象になるかどうかなど、農家サイドの質問に答えている。JAがていねいに説明するのは当然だが、農家の経営持続のために支援したい。

JA福岡市「Jam」(福岡県)JA福岡市「Jam」(福岡県)(クリックで拡大)

◆食料・地域考える機会に
JA福岡市「Jam」(福岡県)

「コロナショックで見えてくる 私たちの『食』」。読者を引き付けるタイトルだ。コロナが暮らしや社会に与えた影響を4㌻にわたり、担当役員がまとめた。そのなかで直売所ならではの強み、食料や地域農業の大切さを強調。

食の安全・安心を支えるためには「市場原理主義」に甘んじるのではなく、「私たち一人ひとりが農業への正しい知識を共有し、考え、政治を注視して動かしてくことも大切」と、JAサイドからの時宜を得た発信となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る