想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:今さら聞けない営農情報

SDGs 1【今さら聞けない営農情報】第80回2020年12月5日

一覧へ

最近SDGs(エス・ディー・ジーズ)という言葉をよく耳にしますが、その内容はご存じでしょうか?

SDGsは、Sustainable Development Goalsの略称で「持続可能な開発目標」とされています。

これは、「2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の『誰一人取り残さない(leave no one behind)』ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。」(外務省)

SDGsの17のゴールは、(1)社会面:貧困や飢餓、教育など、(2)経済面:エネルギーや資源の有効活用、働き方の改善、不平等の解消など持続可能な形で経済成長を目指す、(3)環境面:地球環境や気候変動など地球規模で取り組むべきもの、以上3つの側面から世界が直面する課題を網羅的に示し、とらえることのできる17のゴールを定め、それぞれの課題を解決しながら、統合的によりよい未来を築くことを目標としています。

このSDGsの達成に向けて各国がそれぞれ取り組みを進めていますが、その達成状況は、進展はしているものの、国や地域によって偏りや遅れがあり、あるべき姿からはまだほど遠いと評価し、その危機感から2030年までを「行動の10年」として行動を加速することが求められました(2019年SDGsサミット)。

日本も達成に向けた取り組みを強化してきていますが、達成に向けた道のりは決して明るいものではなく、「行動の10年」に国民一人ひとりにできることをしっかりと考え、一歩踏み出す姿勢が求められています。

農業現場においても、17のゴールのうち取り組むべきものがいくつもあり、それを達成することが地域の振興にも役立つものもあります。次回以降、農業現場が取り組むべき課題を紐解いてみて、農業に携わる人間が何をすべきか考えてみたいと思います。

※SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省 (mofa.go.jp)

※SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省 (mofa.go.jp)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る