センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

組合員登場の「文化の秋」【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2021年10月16日

一覧へ

JAの広報誌は組合員とともにつくるものである。それによって広報誌に親しみを持ち、JAへの帰属意識も育つ。その手法の一つが俳句や短歌、川柳などの投句、絵画や書道のコンクールである。「文化の秋」を意識した企画を紹介する。意外と少ないが、ヒントになりそうなものを拾った。

「冠句」「狂俳」とは?
JA尾張中央「ふれあい」(愛知県)

尾張中央

10月号の特集は、すばり「文芸を嗜(たしな)む」。普段、あまり馴染みのない「冠句」と「狂俳」について教えている。俳句や川柳と同じ「五・七・五」の17文字を使うが、「冠題」として最初の5文字が定められている。俳句から派生したものだが、季語や切れ字(や、かな、けり)を入れる必要はない。
狂俳は題(字数制限なし)に対して「七・五」か「五・七」の12字で作成する。江戸時代中期の庶民階級に親しまれたという。 「ふれあい」は、毎回「文芸コーナー」で投句を掲載している。

いわて平泉青年部活動をPR
JAいわて平泉「KOSHIERU」

JA全青協は毎年開く全国大会で、青年部立て看板コンクール表彰を行う。その前段として、多くの青年部がJA単位でコンクールを開くが、「KOSHIERU」は、その応募作品を紹介している。青年部の創意工夫を凝らした作品が多く、事務所のロビーなどで展示し、農業の大切さを地域住民や消費者にアピールしているJAもある。
9月号では、8点の応募作品を掲載し、読者が審査し、最優秀賞、デザイン賞、アイデア賞、努力賞を決める。読者には青年部の活動を知り、より親しみを感じてもらうことができる。

自家菜園でコンクール
JAあきた北「あきた北」

あきた北JAあきた北は女性部を対象に「自家菜園コンクール」開いている。9月号では、11人が参加し、それぞれの畑を巡回しながら審査した結果を紹介。コンクールはテーマが決まっており、今回は「「おてがるロジたんメロン」と「サニーショコラライフ」(とうもろこし)の二つ。最優秀賞、優秀賞、優良賞(2点)など決める。
参加者の顔写真のほか、女性部員の応援団の集合写真も掲載し、華やかな紙面になっている。「文化」からは少し外れるが、これも一つの紙面参加。広報誌に親しみを持ってもらうためにも、顔写真は大いに使うようにしたい。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る