左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

JAの活動:今さら聞けない営農情報

有機農業とは82 有機質資材を活用した施肥⑳【今さら聞けない営農情報】第201回2023年5月27日

一覧へ

肥料原料の価格の高騰に対応し、政府の肥料価格高騰対策事業の支援を受けるための化学肥料低減の取組が進められています。この取り組みをより進め、日本農業を発展、維持させるためには、国内の肥料資源を活用する必要があり、堆肥、汚泥肥料、食品残渣、有機質肥料、緑肥作物といった有機質資材の活用が重要になります。このため、本コラムでは、有機質資材を有効活用するために必要な知識として、「有機質資材が持つ作物の健全な生育に役立つ効能」についてご紹介しています。その効能は、①肥効増進効果、②土壌の化学性改善、③土壌の物理性改善、④土壌の微生物活性の改善、⑤植物生理活性の増進、⑥土壌緩衝能の改善といったものであり、前回までに①~⑤についてご紹介しました。

今回は、⑥土壌緩衝能の改善です。

土壌は作物が健全に生育する際に見舞われる低温や干ばつといった環境ストレスを緩和する素晴らしい緩衝能力を持っています。この土壌緩衝能については、既にご紹介したものに、ばん土性の改善や土壌pHの急激な変化を防ぐ「化学的緩衝能」、土壌中の空気と水分のバランスを適正に保つ「物理的緩衝能」があますが、その他に生物的な緩衝能が知られています。

ご存知のように、土壌中には糸状菌(かび)や放線菌、細菌(バクテリア)などが生息しており、その種類は、数千から1万種類にも上ると言われています。これらの土壌微生物は、土壌1グラム中に1億個体以上がひしめき合って一定のバランスを保っていますが、過度な連作といった外的な要因が加わると、特定の微生物種類だけが増えすぎたり、それに伴っていくつかの種が途絶えたりいったいわゆる連作障害が起こってしまいます。

こういった時に有機質資材を投入して土づくりをすると、個々の微生物が、自らの住み心地に合った場所を選択するという生物的な緩衝作用が働き、微生物同士の一定のバランスを保とうとします。これを生物的緩衝能といっています。

このように土壌は複数の緩衝能力を持つことによって、様々な環境ストレスから作物を守り、作物の健全な生育を促します。これらの緩衝能力は、土壌診断に基づいて腐植を多く含む有機質資材を定期的に施用することによって向上させることができます。

◇  ◇

本コラムに関連して、ご質問や取り上げてほしいテーマなどがございましたら、コラム・シリーズ名を添えてお問い合わせフォーム(https://www.jacom.or.jp/contact/)よりご連絡ください。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る