想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:私の意見・提言 JAへエール

『大きな農協』最良か 経済活動と使命の折り合いを 和歌山県JA紀南代表理事組合長 山本治夫【私の意見・提言JAへエール】2020年8月20日

一覧へ

和歌山県JA紀南代表理事組合長 山本治夫和歌山県JA紀南代表理事組合長 山本治夫

30数年前、大先輩に教わった「自宅の屋根に上がって見渡せる範囲が農協の活動範囲として最適である」との言。時代は変わりましたが、その心は今も通ずるものがあるのではないかと思っています。それぞれの立場から、また世の流れから合併をくりかえし、やむを得ずであるが、大きな夢であったか分かりませんが、合併して組織を大きくすることが、今なお最良の選択であるかのような論調が多くを占めています。果たしてそうなのでしょうか。

JAの歴史は合併の歴史であるといわれるように、戦後合併が繰り返され、数万ともいわれたJAは、直近では数百のJAにまで減少しました。しかし、テーマにある掲げた「命と暮らし、地球を守るJA」を考えたとき、地域住民とJAの心が通い合い、信頼関係が築かれていなければ、お互いに単なる通り過ぎる風景に過ぎません。合併を繰り返し、組織が大きく地域が広がるごとに、その風景は遠ざかっていきます。

広域や、県一合併を想定したとき、網の目が粗くなり、JA組織として、都合の良い地域住民だけとの関係になってしまうのは当然の帰結と思われます。現実には、合併の進捗とテーマは相反するものと考えざるを得ません。

いつも思案することですが、掲げられたテーマはJAの大きな使命の一つと考えます。一方、JAも当然のことながら経営体です。経営体と掲げるテーマの折り合いをどうつけるのか、常に悩むところです。

地域住民は、日常的には必ずしもJAが経営体であることを意識していないでしょう。行政組織と同じように、JAは存在すること自体が自然のことと思っているかも知れません。しかし現実には、費用対効果を厳しく問い詰めていかねばならないのが経営体であるJAです。法律一本で税収を得る行政とは別次元の組織体であることを、地域住民にも日々の活動の中で理解を得ていかねばなりません。夢のようなことばかり言ってはおられません。

NGOでもNPOでもないJAが「地域を守るJA」活動と経済活動とをいかにリンクさせるかにかかっています。ややもすれば行政のように金銭を媒介せず行動を求められ、またJAも同様に、それが使命であるかのように訓練されてきた面があるのではないでしょうか。

テーマを含め、教育文化活動や地域貢献を、事業活動とどのように結びつけられるかが、今JA組織に求められている最重要課題と認識しています。

(関連記事)

私の意見・提言 JAへエール

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る