想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:第67回JA全国青年大会特集号 持続可能な社会をめざして 切り拓け! 青年の力で

地域の人々と「地産地食」-千石興太郎記念賞のJA東京むさし国分寺地区青壮年部2021年2月18日

一覧へ

第67回JA全国青年大会のJA青年組織活動実績発表で最優秀賞の千石興太郎記念賞に輝いたのは東京都のJA東京むさし国分寺地区青壮年部。地域の方々と共に学びながら育んでいく「地産地食」活動が評価された。

千石興太郎記念賞のJA東京むさし国分寺地区青壮年部千石興太郎記念賞のJA東京むさし国分寺地区青壮年部

青壮年部は行政と連携し国分寺野菜を使って地元飲食店が自由にメニューを創作する「こくベジ」プロジェクトの取り組むを始めた。出荷した農産物だけでなく栽培のプロセスやストーリーも伝える行政や商工会、JA、市民有志などと連携した活動への発展させた。

新田開発の時代から300年となる農業の歴史を「国分寺三百年」として発信し、農業者にとっても「直接飲食店に納めて料理になって販売する」という今までにない画期的な試みとなった。参加店舗は100店以上、農家も30軒となり、専門の「こくベジ号」を使った集配など、流通システムが確立したことで農家は野菜づくり専念できるようになった。

青壮年部の食農教育活動も「こくベジ」の一環に位置づけ。小学校への出前授業を行い、野菜のほか、花きや植木、果樹などの産地でもあることを伝えている。今後は中学校への出前授業にも意欲を持つ。こうした活動を地域の方々と共に学びながら育んでいく「地産地食」としてポリシーブックに位置づけてもいる。
発表者は内藤宏和さん。「出前授業のなかである児童から大きな励みをもらいました。ぼく、将来、国分寺で農家になりたい。次の代の子どもたちから300年先も、この言葉をもらえるように」と話した。

その他の発表。
◎「おらほのコメが酒になる~あれから8年 酒米づくりがおれらを変えた」秋田県・JA秋田おばこ青年部協和支部 佐藤智治さん(東北・北海道ブロック代表)
◎「目指せ、農業の町焼津!!」静岡県・JA大井川青壮年部 八木栄幸さん(東海・北陸ブロック代表)
◎「コロナを乗り越え、未来をつくる青壮年部の人・物・知恵!!」岡山県・JA晴れの国岡山つやま青壮年部東部支部 仁木紹祐さん(中国・四国ブロック代表)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る