左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCセンターPC:ベネビア®OD
2・SP:朝日アグリア・エコレット

JAの活動:第44回農協人文化賞

【第44回農協人文化賞 祝辞】農業発展の寄与に感謝 全国農業協同組合中央会 山野徹会長2023年12月14日

一覧へ

多年にわたり献身的に農協運動の発展などに寄与した功績者を表彰する第44回農協人文化賞の表彰式が11月30日に開かれました。
15人の受賞者への祝辞をいただきました。

全国農業協同組合中央会 山野徹会長全国農業協同組合中央会
山野徹 会長

このたび、第44回農協人文化賞を受賞された皆様に、JAグループを代表してお祝いを申し上げます。

はじめに、この「農協人文化賞」は、長年にわたり、農業協同組合運動の発展に貢献してこられた功績者が表彰されるものであり、今回受賞された皆様も、JAの事業面はもとより、地域のリーダーとしても優れた指導力を発揮されてきた方ばかりであります。

JAグループはもとより、地域社会・日本農業全体の発展に大きく寄与されてこられたことに、あらためて感謝申し上げます。

令和2年以降、私たちの暮らしに甚大な影響を及ぼしてきた新型コロナウイルスのまん延については、依然として完全な終息には至っていないものの、5類感染症に分類されたことを受け、ようやく日常生活や各地のにぎわいが戻りつつあります。

一方、未だに終結が見通せないロシアによるウクライナ侵攻や、中東情勢、円安の影響などにより、食料や資源の多くを海外に依存するわが国は大きな影響を受けております。

肥料・飼料・燃料をはじめとする農業資材価格は高騰・高止まりし、生産現場は危機に直面しています。こうしたなか、本会では「食料安全保障の確立」に向け「食料・農業・農村基本法の検証・見直しおよび令和5 年度食料・農業・地域政策の推進に向けたJAグループの政策提案」を決定し「食料・農業・農村基本法」の見直し等に関し、現場実態に基づいたJAグループの主張を行ってまいりました。基本法に関しては、見直し後の「実践」「実現」に向けても、引き続き取り組みをすすめてまいりたいと考えております。

これに加え、国民理解の醸成に向けて「国民が必要として消費する食料は、できるだけその国で生産する」という「国消国産」の考え方に基づき10 月・11 月を「国消国産月間」と位置づけ、JAグループ各組織が一体となった取り組みを進めております。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る