農政 ニュース詳細

2013.02.05 
林業・水産業分野の「農業経営アドバイザー」総勢25人に  日本政策金融公庫一覧へ

 日本政策金融公庫の農林水産事業が実施する林業と水産業分野の「農業経営アドバイザー」にこのたび新たなアドバイザーが誕生し、ともに総勢25人となった。

 林業・水産業経営アドバイザーは林業・水産業の特性を理解し、林業者・水産業者の経営発展を支援する専門家だ。
 同アドバイザー試験は平成20年度の創設から毎年実施しており、5回目となる今回は林業分野に5人、水産分野に6人が新たに合格。
 合格者の内訳は林業が外部機関1人、公庫職員4人。水産業が外部機関4人、公庫職員2人。アドバイザーの人数は両分野ともに総勢25人となった。
 次回は8月頃の募集を予定している。


(関連記事)
農業経営アドバイザーが2000人超に  日本政策金融公庫 (2013.01.24)

6次産業化経営に女性の活躍広がる  日本政策金融公庫が調査 (2013.01.10)

3割弱が農産物輸出に意欲  日本政策金融公庫 (2012.12.26)

新たに10人が農業経営「上級アドバイザー」に  日本政策金融公庫 (2012.12.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ