Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAS規格調査会委員を一般公募 農水省2013年5月9日

一覧へ

 農水省は5月8日からJAS規格(飲食料品や林産物など農林物の規格)の制定・見直しに、広く消費者の意見を反映させるため、農林物資規格調査会委員の一般公募を始めた。応募は5月29日(当日消印有効)まで。

 委員の応募資格は、年2、3回平日に開催される会議に出席できる人で、25年7月31日現在満20歳以上70歳未満。公務員や地方自治体などの議員は原則不可。
 募集人数は1人で任期は2年。
 「JAS規格のあるべき姿」についての意見・提言などを1200字以内にまとめ履歴書と併せて、〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1農水省消費・安全局表示規格課上席表示・規格専門官まで郵送する。
 応募者には7月上旬ごろ結果を通知し、8月に任命される予定。
 JAS規格や過去の調査会議事概要などは農水省ホームページで掲載している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る