Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性委員30%めざす 全国農業会議所2013年6月4日

一覧へ

 全国農業会議所は5月30日、都内で平成25年度全国農業委員会会長大会を開き、「基本農政の確立に向けた提案」決議、「農業委員会活動のさらなる取り組みに関する申し合わせ」決議などを承認。また「第22回農業委員統一選挙に関する特別決議」を採択した。併せて、第5回耕作放棄地発生防止・解消活動の表彰を行った。

 基本農政確立では、農地制度の実効あるものとするため、[1]農地の地籍調査の早期完了[2]円滑な農地利用調整のための中間保有機能の整備[3]農地の受け手の登録とマッチングの実施などを明記。また「日本型直接支払い」のあり方では、具体的に1ha以上のほ場整備済の農地を基準に基盤未整備、不整形、傾斜、排水・通水不良等条件不利となる要素ごとに全国統一単価を設定して積み上げ交付額を決めることなどを提案している。
 農業委員統一選挙に関する特別決議では、女性農業委員の拡大を打ち出し、2020年までに指導的地域にある女性の占める割合が30%程度になるよう、1農業委員会複数選出などの取り組み強化を決めた。
 なお、耕作放棄地発生防止・解消活動では、農水大臣賞に花巻町農業委員会(岩手県)、農村振興局長賞に有限会社・恵那栗(岐阜県)、全国農業会議所会長特別賞に御前崎市荒廃農地対策協議会(静岡県)、陣馬台地研究委員会(長野県)などを表彰した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る