Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

交付面積68万ha 中山間地域等直接支払制度2013年7月2日

一覧へ

 農水省は6月28日、平成24年度の中山間地域等直接支払制度および農地・水保全管理支払交付金の実施状況をまとめた。993市町村に交付し、協定数は2万7849で、交付面積は68万2404haだった。

 中山間地域等直接支払制度は、平地との農業生産条件の不利を補正するための交付金を交付することで、農業生産活動などを維持し、多面的機能を確保することが目的。24年度の交付市町村数は前年と同じだった。協定の中で、集落協定は2万7352で、全協定の98%を占める。交付金交付面積は前年より4800ha増えた。地目別交付面積は、田が46%、畑が9%、草地43%、採草放牧地が2%。北海道では草地が87%、都府県では田が78%を占める。
 農地・水保全管理支払交付金は、対象が1万8662組織で取組面積が145万49ha。向上活動支援交付金が7476組織34万9290ha、復旧活動支援交付金は564組織4万3875haだった。この交付金は、地域共同による農地・農業用水等の長寿命化のための活動等への支援や、東日本大震災で被災した農地周りの農業用施設の補修等を行う集落を支援する。


(関連記事)

中山間地域等直接支払い、交付面積増える(2013.02.27)

中山間支払い制度の交付面積、67万8000ha 離島を中心に1.5万ha増加(2012.07.02)

「これまでの成果をムダにする」と批判  中山間地域等直接支払制度の見直し(2010.11.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る