Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

安倍総理、経済政策を優先 記者会見で強調2013年7月22日

一覧へ

 安倍晋三総理は参院選挙から一夜明けた7月22日、自民党本部で記者会見した。選挙結果について「落ち着いて政策を前に進め、外交でも成果を上げていくように、という国民の意思だと思う。国民の声に応えるためにも腰を据えて政策を力強く前に進めていきたい」などと語った。

会見する安倍首相 20年前の7月22日は宮澤内閣が総選挙で大敗した両院議員総会だった、と安倍総理は会見の冒頭で振り返った。総会では「新人議員として紹介された」が宮澤総裁は辞任、8月に非自民勢力が結集した細川内閣が誕生するという「55年体制崩壊のまさにその瞬間からのスタート。私の政治家人生は野党から。その後は新しい自民党への変革の日々だった」と話した。
 さらに4年前の野党転落で「政治は国民のものという立党精神に立ち戻るきっかけを与えられた」とも話し、「20年間の荒波を乗り越え、私たちは間違いなく新しい自民党に生まれ変わった。だからこそ次元の違う経済政策も国家国民のため一糸乱れず決意することができた。国論を二分したTPPへの交渉参加も決断することができた。こうした新しい自民党の姿勢がこの参院選で国民から信任を受けたと私は思っている」と強調した。
 そのうえで「衆参両院での多数を生かすことで国民の負託に応え、政策実行をさらに加速化していかなければならない」としながらも「国民との対話を怠り、あるいは改革から逃げるような古い自民党に逆戻りすれば、ただちに自民党への国民の信頼は失われてしまう」と述べ「もはや、ねじれを言い訳にしたり、野党のせいにすることはできない。国民の厳しい目線は今後、ひとえに自民党に向けられる。そのことをすべての自民党議員が強く意識しなければならない」と話した。
 会見では経済政策を優先する姿勢を強調。「15年にわたるデフレからの脱却はそう簡単ではない。歴史的事業と言ってもいい」と述べ「全国津々浦々まで実感できる強い経済を取り戻すこと。経済は国力の源泉。外交力も、安定した社会保障も強い経済なくしては成り立たない。
 秋の臨時国会は成長戦略実践国会。大胆な投資減税を実行するほか、産業競争力強化法などの成立を期したい。実行なくして成長なし。大胆な規制、制度改革もTPP交渉、そして消費税の引き上げもいずれも困難な課題ばかりだが、日本の将来のために決断を下していかねばならない。国民と一緒であればどんな困難も必ずや乗り越えていくことができると実感した参議院選挙でもあった」などと話した。

(写真)
会見する安倍首相

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る