Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

A-FIVEとジェトロが業務提携2013年7月30日

一覧へ

 日本貿易振興機構(ジェトロ)と農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は7月29日、業務提携に関する覚書を締結した。

業務提携の覚書を締結した大多和社長(左)と石毛理事長 ジェトロは、貿易投資相談、セミナー等の情報提供、海外バイヤーとの商談など海外でのビジネス展開に必要なノウハウを持ち、国内に36の貿易情報センター、海外に73の事務所を持つ。
 A-FIVEは、農林漁業者が中心となり6次産業化の実現をめざす取り組みを支援するファンドだ。その取り組みのなかには、「海外への輸出を図りたいとの案件もある」(大多和巖A-FIVE社長)という。 今回の提携は、全国レベルで海外展開に関心の高い企業の掘り起こしをめざすジェトロと、ジェトロのノウハウやネットワークを活用して食品産業などの新たな海外展開をファンドとして推進したいA-FIVEの思惑が一致したものだ。
 29日の会見で、大多和社長は、「すでに出資したサブファンドからは、地方は、豊かな経営資源を持っているのに、それに付加価値をつけて消費者に届けるのが苦手だ、との意見も聞かれる。ジェトロとの連携は大変ありがたく、強力なパートナーを得た、という気持ちだ」と述べた。A-FIVEは現在、22のサブファンドに出資しており、すでに250件ほどの案件があがってきているが、このうち輸出をめざすものが10件ほどあるという。
 ジェトロの石毛博行理事長は、「ぜひ、ジェトロのネットワークを活用してほしい。1貿易センターあたり1案件を目標にしたい」と抱負を述べた。
 両者は今後、A-FIVEの出資するサブファンドが海外への販路拡大を検討する際、ジェトロは当該地域や関係国の情報提供、商談会や見本市への売り込みなどで支援する。そのほか、農林漁業・食品事業者などの相互紹介・情報提供、セミナーへの講師派遣、両者間の定期的な意見交換会の実施、などを行う予定だ。

(写真)
業務提携の覚書を締結した大多和社長(左)と石毛理事長


(関連記事)
旭川・帯広で初の輸出商談会 ジェトロ(2013.07.19)

全国4カ所で食品輸出セミナー ジェトロ(2013.05.29)

A-FIVE-J、新規支援先1件を決定(2013.06.26)

「地域発のバリューチェーン構築を」A-FIVE-J(2013.03.29)

課題は高付加価値化や差別戦略 「工場野菜」などで消費者の志向調査  日本政策金融公庫(2012.03.16)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る