Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

A-FIVE-J、新規支援先1件を決定2013年6月26日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE-J)は6月24日、25年度事業として新たにサブファンド1件の支援を決めた。

 今回支援が決まったのは、(仮称)十八6次産業化支援投資事業有限責任組合。福岡県の(株)ドーガン・インベストメンツ、長崎県の(株)十八銀行が出資し設立する「『元気な長崎』応援ファンド投資事業有限責任組合(仮称)」などが計5億100万円、A-FIVE-Jが5億100万円をそれぞれ出資し、総額10億200万円のファンドになる。

 また、現在、新たな支援先候補についてのパブリックコメントを募集している。
 サブファンド名は、(仮称)SMBC6次産業化投資事業有限責任組合で、東京都のつくばテクノロジーシード(株)、三井住友銀行などが計10億円、A-FIVE-Jが10億円を出資する予定。
 パブリックコメントは、Eメール、郵便(〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエスト20階)、FAX(03-5220-5778)のいずれかで、7月3日17時まで受け付けている。


(関連記事)

A-FIVE-J、新たな出資先を決定 東北と長野県(2013.05.31)

6次産業化ファンド 25年度の募集を開始(2013.04.10)

「地域発のバリューチェーン構築を」A-FIVE-J(2013.03.29)

JAグループが6次化ファンド設立 (2013.03.26)

6次化ファンド、出資先を決定(2013.03.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る