農政 ニュース詳細

2013.08.07 
1〜6月、降雪被害20億円、降霜被害75億円一覧へ

 農林水産省は、平成25年1月から6月までに発生した主な農作物被害をまとめ8月6日に公表した。

 これによると、平成24年12月以降の降雪等による被害面積は5740ha、被害見込金額は20億1000万円となっている。
 24年12月以降は、寒気の影響で低温となった日が続き、北日本の日本海側を中心に降雪量が多く、青森県の酸ヶ湯では積雪の深さが566cmとなるなど、記録的な積雪となった。
 作物別の被害見込金額は、リンゴ等果樹が19億7000万円(被害総額の98%)でもっとも大きく、次いでホウレンソウ等の野菜が1500万円、小麦が1400万円となっている。
 都道府県別にみると、青森県が被害総額の97%を占める19億4000万円、次いで北海道が2100万円、秋田県が1900万円となっている。
 また、4月中旬以降の降霜による農作物被害は、被害面積1万5400ha、被害見込金額75億1000万円となっている。
 作物別の被害見込金額は、日本ナシなどの果樹が52億9000万円(被害総額の70%)、工作農作物の茶が20億円(同27%)、スイートコーンなどの野菜が1億9200万円(同3%)となっている。
 当道府県別では、長野県が27億5000万円(被害総額の37%)、次いで静岡県が19億8000万円(同26%)、栃木県15億3000万円(同20%)となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ