Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1~6月、降雪被害20億円、降霜被害75億円2013年8月7日

一覧へ

 農林水産省は、平成25年1月から6月までに発生した主な農作物被害をまとめ8月6日に公表した。

 これによると、平成24年12月以降の降雪等による被害面積は5740ha、被害見込金額は20億1000万円となっている。
 24年12月以降は、寒気の影響で低温となった日が続き、北日本の日本海側を中心に降雪量が多く、青森県の酸ヶ湯では積雪の深さが566cmとなるなど、記録的な積雪となった。
 作物別の被害見込金額は、リンゴ等果樹が19億7000万円(被害総額の98%)でもっとも大きく、次いでホウレンソウ等の野菜が1500万円、小麦が1400万円となっている。
 都道府県別にみると、青森県が被害総額の97%を占める19億4000万円、次いで北海道が2100万円、秋田県が1900万円となっている。
 また、4月中旬以降の降霜による農作物被害は、被害面積1万5400ha、被害見込金額75億1000万円となっている。
 作物別の被害見込金額は、日本ナシなどの果樹が52億9000万円(被害総額の70%)、工作農作物の茶が20億円(同27%)、スイートコーンなどの野菜が1億9200万円(同3%)となっている。
 当道府県別では、長野県が27億5000万円(被害総額の37%)、次いで静岡県が19億8000万円(同26%)、栃木県15億3000万円(同20%)となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る