農政 ニュース詳細

2013.12.18 
復興支援募金7億5000万円超に コープネット一覧へ

2014年も継続を決定

 生協のコープネット事業連合は、「東日本大震災復興支援募金」を2011年から実施しているが、2014年1月以降も継続することにした。

 コープネットは、東日本大震災が発生した2011年の6月21日から「東日本大震災復興支援募金」を今年の12月20日までの予定で実施してきたが、大震災発生から1000日(12月4日)を迎えても、全国の避難者が約27万8000人(11月14日現在)にのぼることなどから、2014年1月以降もこの募金を継続することにした。
 これまでにコープネット会員生協の組合員からよせられたのは、義援金として5億7000万円、復興支援募金として1億8000万円、累計で7億5000万円超となっており、各会員生協で被災者や被災地支援に活用されている。
 2013年度の「復興支援募金」には2900万円超(4月〜9月)の募金がよせられ、被災地から避難している人たちの交流会や、福島県生協連の「福島の子ども保養プロジェクト」、災害地域へのボランティア活動などに活用されている。
 コープネットでは、震災復興支援の取組みを「忘れない」「続ける」「つなげる」「伝える」ことを合言葉に継続していくことにしている。


(関連記事)

福島原発汚染水問題で要請書 コープネット(2013.11.12)

個配のびるが店舗不振 生協9月度供給実績(2013.10.25)

ボランティア活動支援募金、全国生協で(2013.10.16)

日本生協連、社会的取り組みの報告書(2013.09.27)

平日毎日、料理キットを宅配 コープネット(2013.09.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ