農政 ニュース詳細

2014.04.01 
認定森林林業プランナー174人を認定一覧へ

 全国森林組合連合会などで構成される森林施業プランナー協会は、平成25年度の「認定森林施業プランナー」として174人を認定した。

 日本の森林は、所有面積が10ha未満の森林所有者が9割を占めるなど、一人当たり所有面積が小さく、効率的な森林管理を行いにくい構造となっている。そういう状況下で効率的に森林管理を行うためには、複数の森林所有者を取りまとめ、利用間伐などの施業内容を提案して、一体的に施業を行う「提案型集約化施業」が不可欠だといえる。
 その中心となる技術者が「森林施業プランナー」だ。この森林施業プランナーの育成は、行政機関などが中心となって全国各地で行われているが、森林施業プランナーの能力を客観的に評価するために、平成24年度から、森林施業プランナー協会が認定制度を導入している。
 今回、認定されたのは北海道から九州まで35道府県の174人で、もっとも多いのは北海道の28人、次いで熊本19人、宮崎と愛媛の10人、岩手、石川の9人となっている。
 24年度の認定者393人と合わせた認定森林施業プランナーは567人となる。
 なお詳細は下記で
http://shinrin-planner.com/


(関連記事)

みどりの学術賞 井手久登教授など2人が受賞(2014.03.17)

永続的な地域社会、どうつくるか JA共済総研(2014.03.14)

FRONT80第9回助成決定 農林中央金庫(2014.03.10)

商品購入で清流を守る パルシステム(2014.02.25)

間伐材産直で森林を買い支え パルシステム(2014.01.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ