食品流通 ニュース詳細

2014.02.25 
商品購入で清流を守る パルシステム一覧へ

森林組合などと産直協定結ぶ

 生協のパルシステム連合会は、3月3日に島根県高津川流域で活動する森林組合、JA、漁協、行政の6団体による産直協定の調印式を益田市役所で開催する。今後は、地元間伐材を使用した商品開発や、生協組合員を交えた環境保全活動などを検討していく。

 パルシステムでは2012年に「森林・林業方針」を制定し、これに基づくプロジェクトを立ち上げて、国内の森林・林業について学びながら林業における産直を追求している。
 既報のように、今年1月には南都留森林組合(山梨県)と産直協定を締結した(1月9日付記事参照)。今回の高津川流域はその2例目となる。
 島根県西部を流れる高津川は、国土省の水質検査で水質第1位に選ばれている日本一の清流で、一級河川としては日本で唯一、支流も含めてダムのない貴重な河川としても知られている。
 今回の産直協定は、高津川流域を拠点とする増田地区広域市町村圏事務組合(行政)、JA西いわみ、高津川森林組合、高津川漁業協同組合、漁業協同組合JFしまね益田支所との6団体による「高津川流域の自然環境と森林保全に関する協定書」となっている。


(関連記事)

間伐材産直で森林を買い支え パルシステム(2014.01.09)

原子力発電からの脱却求める パルシステム(2014.01.06)

パルシステム 福島の子ども守るプログラム(2013.12.06)

パルシステム 農家の野菜レシピ本が大ヒット(2013.06.25)

鶏卵の飼料用米配合20%以上に パルシステム(2013.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ