農政 ニュース詳細

2014.11.26 
第2回農業検定試験を実施 全国農協観光協会一覧へ

日本農業の理解者・応援団を育成

 日本の農業と食の安全・安心に対する関心が高まるなか、文化的、産業的側面からも農業の重要性が認識されるようになってきた。こうした背景を踏まえ、一般社団法人全国農協観光協会では、「良き農業の理解者・応援団」を増やしていくことを目的に、「日本農業検定」の普及に取り組んでいる。

 この検定では、農業の基礎知識として「栽培」「食」「環境」「農業全般」の4分野を段階的に修得できるようになっている。第1回目の平成25年度「日本農業検定」では、3級試験が26年1月14〜20日に実施され、全国の小中高生、学生、JA職員などのべ615人が受験した。
 「日本農業検定3級」(農検3級)は、農業を初めて学ぶ人の入門・基礎検定、同2級は、家庭菜園経験者などの初級・初心者レベルの検定だ。27年1月に開催される26年度「日本農業検定」では、2級・3級検定試験が実施される。
 今回の農検3級は、「栽培」「食」の2分野と「環境」「農業全般」のごく基礎的な問題、特にコンテナ栽培を中心に8作物の栽培方法など50問が出題される。解答時間は40分で、合格には正解率60%以上が必要だ。
 同農検2級は、3級よりも広範囲でより深い知識が求められる。小規模露地栽培での15作物の栽培方法など、70問が出題される。解答時間は60分で、合格には正解率60%以上が求められる。
 申込期間は、準会場・公開会場試験で26年10月1日〜11月29日、CBT会場試験で26年10月1日〜12月25日まで。
 試験日は個人受験者で、公開会場=27年1月17日、CBT会場=27年1月7日〜1月20日まで。団体受験者は準会場(学校・その他団体)で27年1月14日〜1月20日まで。
 受験料は個人:3級3600円・2級4100円、団体:3級・小中学校1300円、2級1500円、高校・3級1500円、2級1700円、専門学校・3級2000円、2級2200円、その他団体・3級3250円、2級3700円。
 また「日本農業検定」3級テキスト1250円、同2級テキスト1667円(ともに税別)も販売されている。
 問い合わせは、全国農協観光協会内日本農業検定事務局(TEL:03-5297-0325)まで。

 日本農業検定2級テキスト 日本農業検定3級テキスト 

(写真)
日本農業検定2級テキスト(左)と3級テキストの表紙


(関連記事)

大賞にカゴメ FANアワード2014(2014.11.12)

【人事速報】農協観光 新社長に藤本隆明氏(2014.06.27)

震災復興は最優先 JAグループ支援息長く(2014.03.18)

農協観光、福島県泉崎村で太陽光発電所(2013.08.29)

取扱高818億円で増収増益 農協観光(2013.06.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ