農政 ニュース詳細

2015.02.06 
農水大臣賞に庄内産直ネットワークなど一覧へ

環境保全型農業推進コンクール

 農林水産省は1月30日、有機農業や環境保全型農業に取り組む農業者などを表彰する「環境保全型農業推進コンクール」の今年度の受賞者を発表した。表彰式、シンポジウムは2月24日、東京都内で行われる。

 今年度、農林水産大臣賞を受賞したのは、有機農業の部では庄内産直ネットワーク(山形県)、環境保全型農業の部では、静岡県温室農業協同組合が選ばれた。
 庄内産直ネットワークは平成15年に、有機栽培を行っている生産法人と、地元JAとが共同で設立。有機栽培ほ場の団地化をすすめ、設立当時17戸22haだったほ場を、10年間で31戸61haにまで増やし、有機米の産地を確立した。栽培された米は高付加価値米として販売し所得の向上に寄与。後継者も数多く就農した。また、消費者との産地交流会も実施し、地域活性化にも貢献していることが評価された。

 今年度の受賞者は次のとおり(敬称略)。

【有機農業】
○農林水産大臣賞

庄内産直ネットワーク(山形県鶴岡市)
○生産局長賞(3件)
▽東浩一(石川県小松市)
▽(有)ヘルシーファーム(兵庫県神戸市)
▽(有)寺本果実園(熊本市)

【環境保全型農業】
○農林水産大臣賞
静岡県温室農業協同組合(静岡県袋井市)
○生産局長賞(3件)
▽音羽米を育てる研究会(愛知県豊川市)
▽かたつむりの会(広島県神石高原町)
▽沖縄県名護市勝山区(沖縄県名護市)

【表彰式・シンポジウムの概要】
○日時:2月24日(火)13:30〜16:30
○会場:如水会館オリオンルーム(東京・一ツ橋)
○表彰式への参加申込みは、農水省ホームページで。2月20日締め切り。


(関連記事)

百姓たちが時代を創る 山形置賜自給圏の挑戦(2014.10.22)

【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(2015.01.09)

地域の文化、暮らしを守る 協同組合の役割に期待する  星寛治・農民作家(2014.08.07)

堆肥施用が10倍に 環境保全型農業直接支払(2014.07.04)

和食に日本人の感性 東西の農民作家が対談、農業・農村の文化的意義を語る(星寛治氏&山下惣一氏)(2014.01.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ