農政 ニュース詳細

2015.04.24 
増田氏(元総務大臣)が講演一覧へ

農林中金がアグリエコセミナー

 農林中金は4月22日、東京都千代田区の帝国ホテル東京で第4回農林中金アグリエコセミナーを開いた。東京大学公共政策大学院客員教授の増田寛也氏(元総務大臣)と一般社団法人アグリフューチャージャパン校長の堀口健治氏が講演。事業法人や農業法人、JAの関係者など400人が参加した。

講演する増田寛也氏 セミナーは、農林中金が取引先企業・農業法人等と異業種交流・情報交換を目的に開いている。挨拶で同金庫の河野良雄理事長は「一次産業と一般事業法人とのパイプ役を務めたい」と、その役割を強調した。
 増田寛也氏は「地方創生に向けて〜農林水産業の振興と企業連携への期待〜」で講演。数字をもとに、将来の日本の大幅な人口減を予測し、今のうちに農山漁村で、「若い人に魅力ある仕事の創出、雇用の質の改善が必要」と指摘。
 そのためには、魅力ある農村漁村づくりによって農村回帰を促す必要があるとして、第一次産業の成長産業化の必要性を唱える。
特に出生率向上のためには、食品産業を中心に、特に女性と若者が留まる地域づくりが必要として、生活に必要な環境のそろった小さな拠点(コンパクトビレッジ)づくりを提案した。

(写真)講演する増田寛也氏


400人が参加した農林中金アグリエコセミナー 堀口健治氏は、農林中金も支援している、アグリフューチャージャパンが運営する日本農業経営大学校を紹介。2013年に開校した大学校で、栽培技術だけでなく、市場分析や会計、資金調達など、経営者としての能力向上をめざす。
 特に同校の特徴として、堀口氏は現地実習を挙げる。先進農業経営体、農外企業でそれぞれ3か月、現地で住み込みの実習を行う。1学年20人で2年間の全寮制の少数精鋭主義。今年初の卒業生19人を送り出した。

(写真)400人が参加した農林中金アグリエコセミナー


(関連記事)

JA貯金 伸び率2.4% 農林中金 (2015.03.31)

「農中森力基金」9件の助成決定 農林中金 (2015.03.3)

被災地福島へ初の6次化ファンド 農林中金等 (2015.03.3)

JA貯金 伸び率2.3% 農林中金 (2015.02.26)

総自己資本比率23.53% 農林中金第3四半期 (2015.02.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ