Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

電気さく施設の事故防止で注意喚起 農林水産省2015年7月23日

一覧へ

 農林水産省は今年発生した鳥獣被害防止の電気さくに起因する死傷事案をうけて、安全確保に関する周知徹底の通知を行った。

 電気さくは人に対する危険防止のために、電気事業法によって施設方法が定められている。
 農水省は安全に使用するために、下記のような注意を公表した。農林水産省のホームページ上に「鳥獣害対策用の電気さくについて」のパンフレットがダウンロードできるため、そちらも確認するよう促している。
<注意点>
◎電気さくを施設した場所には、人が見やすいように適当な間隔で危険であることの表示をすること。
◎電気さくは、電気さく用電源装置(電気さく用パルス発生装置)をつけて利用すること。
◎電気さく用電源装置が使用電圧30V以上の電源(家庭のコンセントなど)から電気の供給を受ける場合には、漏電遮断器を設置する必要がある。必要な漏電遮断機は、15mA以上の漏電が0.1秒以上おこったときに電気を遮断するもので、漏電遮断機には、▽家庭用のコンセントに接続するもの、▽家庭用の分電盤(ブレーカー)に施設するものの2通りがあり、このうちブレーカーに関する工事は、資格を持った電気工事士が行う必要がある。
◎電気さくに電気を供給するときのスイッチがある場所には、カギをかけないこと。これは何か問題が起こったときに所有者以外でもスイッチを切ることができる状態にしておくため。

 農林水産省の鳥獣による農作物等の被害の防止に係る電気さく施設における安全確保についてのホームページ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る