農政 ニュース詳細

2016.09.01 
台風11・9号で 北海道 7000haに被害一覧へ

 北海道庁は8月31日、8月20日から大雨をもたらした台風11号と9号の農業への影響について最終報としてまとめた。

 これによると、影響があったのは振興局で、空知・石狩・胆振・日高・上川・留萌・宗谷・オホーツク・十勝・釧路・根室だった。合計で農作物7025.2haに影響があり、133棟の牛舎や納屋などに浸水などがあった。このほか、通行止めによる未集乳に伴う生乳の廃棄が、日高と根室の振興局で合計2.2tだった。
 振興局ごとの主な影響は次の通り(振興局=影響・面積・その他)。
 空知=水稲などの浸水など・413.5ha
 石狩=ブロッコリーの浸水・66.2ha
 胆振=水稲などの冠水など・3.8ha
 日高=トマトなどの浸水など・121.0ha・牛舎の浸水、生乳の廃棄
 上川=水稲などの浸水、飼料用トウモロコシなどの倒伏など・1862.4ha・ビニールハウスや牛舎の損壊など
 留萌=ソバなどの浸水・11.4ha
 宗谷=牧草の浸水・1.0ha
 オホーツク=タマネギやテンサイの浸水、飼料用トウモロコシの倒伏など・3954.2ha・牛舎などの損壊
 十勝=大豆などの浸水、飼料用トウモロコシの倒伏など・586.2ha
 釧路=シソの浸水・0.4ha・牛舎の浸水
 根室=牧草の浸水・5.0ha・牛舎などの浸水、生乳の廃棄

(関連記事)
108棟に浸水などの影響 台風11・9号 (16.08.29)

台風11・9号 農作物などで4.7億円の被害 (16.08.25)

北海道・水田に浸水 台風11号・9号 (16.08.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ