Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

イスラエルと植物品種の保護に係る審査協力の覚書2016年9月2日

一覧へ

 農水省は9月1日、イスラエルと植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書に署名を行ったことを公表した。

 植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)に基づき、UPOV加盟国が審査を行う際に他国での審査結果を活用できる。これについて、同省は日本の植物品種の海外における品種登録を促進するため、イスラエルと協力覚書を署名した。
 今後、審査料の低減や審査期間の短縮による知的財産権保護の早期化で、日本の種苗や農産物の輸出増加につながることが期待されている。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る