農政 ニュース詳細

2016.09.02 
【台風10号】北海道・農作物4100ha超に被害(2日現在)一覧へ

 農水省は台風10号による被害状況を9月1日にまとめた。まだ調査中のところが多いが、2日にまとめられた北海道庁の調べによると4133.7haの農作物に被害があることが分かっている。

 1日正午現在、農作物などで、北海道・青森・岩手・宮城に644haの被害があり、今の被害額は0.1億円。岩手で家畜の斃死があり、ブロイラー1万6000羽に被害があった。この被害額は調査中。
 農業用ハウスや畜舎などで、北海道・岩手・宮城に523件の被害があった。

◇   ◇

 北海道庁によると、8月30~31日の台風10号による影響で、2日10時現在、農作物計4133.7ha、牛舎などの損壊が1471棟あった。現在もまだ調査が続けられている。
 振興局別の被害については次の通り(振興局=主な影響)。
 空知=調査中
 石狩=果樹の落果など
 後志=スイートコーン・飼料用トウモロコシなどの倒伏など294.5ha、ビニールハウス・牛舎・納屋の損壊72棟
 胆振=水稲などの倒伏・リンゴ・ブドウの落果など、ビニールハウスの損壊
 日高=水稲などの倒伏など16.0ha、ビニールハウスの損壊15棟、生乳の廃棄
 渡島=ネギなどの倒伏など166.1ha、ビニールハウス・牛舎・納屋の損壊488棟
 檜山=飼料用トウモロコシなどの倒伏など1111.3ha、ビニールハウスの損壊836棟
 上川=作物の浸水・冠水などのうち、河川氾濫などによるものが南富良野町で調査中ある。大雨によるものは8.7ha。ビニールハウスの損壊55棟
 留萌=牛舎の損壊5棟
 宗谷=牛舎・納屋の損壊
 オホーツク=テンサイ・バレイショなどの浸水・冠水など127.5ha
 十勝=作物の浸水・冠水などのうち河川氾濫によるものは帯広市・清水町・芽室町などで調査中。大雨によるものが2369.6ha
 釧路=牧草の浸水など40.0ha
 根室=調査中

(関連記事)
台風被害で緊急災害対策本部設置-農水省 (16.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ