農政 ニュース詳細

2016.12.08 
養豚除き畜産の農業所得増加 酪農・肉用牛・養豚・養鶏経営統計一覧へ

 農水省は、農業経営統計調査の酪農・肉用牛・養豚・採卵養鶏・ブロイラー養鶏経営の「27年個別経営の営類型別経営統計」をまとめた。養豚経営を除いて1経営体当たりの農業所得が増加している。

【酪農経営】
 酪農経営(全国)の1経営体当たり農業粗収益は5313万円で、生乳生産量の増加および価格の上昇で前年よりも7.4%増加した。農業経営費は飼料費等の増加で3.5%増加し4259万円となった。この結果、農業所得は1054万円と前年よりも26.6%増加した。
 なお、搾乳牛の飼養頭数は1経営体当たり44.2頭(前年比0.7%増)、生乳生産量は38万3915㎏(同1.5%増)、自営農業労働時間は6183時間(同1.7%減)となっている。

【肉用牛経営】
 肉用牛経営(全国)のうち繁殖牛経営の1経営体当たり農業粗収益は、子牛価格上昇で前年より12.1%増加し1042万円、農業経営費が農機具費等の増加で同0.5%上昇し666万円となり、この結果農業所得は376万円と同41.1%増加した。
 一方、肥育牛経営は、肥育牛価格の上昇で7240万円と同16.3%増加した。農業経営費が動物費の増加で7.9%増の5996万円となり、この結果、農業所得は1243万円と同85.2%の増加となった。
 なお、繁殖牛の1経営体当たり飼養頭数は14.8頭(同5.7%増)、販売頭数は11頭(同0.0%)、自営農業労働時間は2936時間(同3.2%減)となっている。肥育牛では、飼養頭数が103.2頭(同4.0%減)、販売数量が65頭(同4.0%減)、自営農業労働時間は3895時間(同0.7%増)となっている。

【養豚経営】
 養豚経営(全国)の1経営体当たり農業粗収益は7123万円で、肉豚価格の低下で前年より0.3%減少した。農業経営費は飼料費等の増加で同0.7%増の5774万円となり、農業所得は1349万円と前年より4.7%減少した。
 1養豚経営体あたりの飼養頭数は988頭(同1.9%増)、肉豚販売頭数は1758頭(同0.5%増)、自営農業労働時間は5627時間(同0.4%増)となっている。

【採卵養鶏経営】
 採卵養鶏経営(全国)の1経営体当たり農業粗収益は、5657万円と鶏卵生産量の増加と価格の上昇で同10.5%増加。農業経営費も飼料費等の増加で5000万円と同8.3%増加したが、農業所得は同30.5%増の657万円となった。
 1経営体当たりの飼養羽数は1万4578羽(同2.3%増)、鶏卵生産量は24万7843㎏(同9.7%増)、自営農業労働時間は7378時間(同2.9%増)となっている。

【ブロイラー養鶏経営】
 ブロイラー養鶏1経営体当たりの農業粗収益は販売羽数の増加などで、前年よりも6.4%増の1億1827万円となった。農業経営費は飼料費等の増加で同4.9%増の1億791億円となったが、農業所得は同25.4%増の1036万円となった。
 1経営体当たりの販売羽数は22万8668羽(同4.0%増)、自営農業労働時間は5296時間(同4.4%増)となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ