農政 ニュース詳細

2016.12.14 
「農水省の政策は国民の意見取り入れている」は44.8%ー農水省に対する意識調査一覧へ

 農水省はこのほど、同省の業務改善などの取り組み状況に関する意識・意向調査をまとめた。

 調査は農水省の業務や対応についてと使命・役割についてまとめられた。
 同省の職員の対応や態度が親切・丁寧で好感が持てるか、という問いに、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と評価した割合は全体で74.0%。昨年と比べ0.9ポイント上昇した。
 好感が持てない理由に「求めていたことに応えていない」という回答が最も多く、次いで「説明された内容がわかりにくい」「応対が丁寧ではない」などがあがった。
 政策の目的や担当者の意図を国民に理解してもらうための広報や情報発信が十分に行われているか、という問いには、「どちらかといえばそう思う」を含め54.2%が同意した。昨年度と比べ2.3ポイント上昇した。
 情報発信の内容を70.6%が信頼していると答え、昨年度に比べ0.8ポイント上昇。指数化した信頼度は71だった。
 政策実施の際、国民の意見を十分聞いているか、という問いに「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えたのは44.8%で半数以下だった。しかし昨年と比べると2.5ポイント上昇した。
 農水省の使命である食料の安定供給確保や農林水産業の発展などを果たしていると評価したのは63.5%で昨年より4.7ポイントと上昇した。
 消費者が安全な食料を安心して購入・消費できるための農水省の取り組みを信頼できると答えたのは、消費者が73.2%、農業者が64.2%、流通加工業者が67.3%だった。

 農林水産情報交流ネットワーク事業の生産者モニター1567人、流通加工業者モニター718人、消費者モニター898人の計3183人から回答を得たもの。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ