おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

TPP蘇らせるな-世界200団体が書簡2017年3月10日

一覧へ

 3月14日からチリでTPP関係閣僚会合が開かれるが、日本を含む200を超える市民団体が参加国の閣僚にあてた共同の公開書簡を公表した。書簡では「TPPモデルは失敗に終わったという現実を受け入れ、人と地球に重きを置く新たな枠組みを構築すべきだ」と訴えている。

 日本では270を超える超党派のネットワーク「TPPを発効させない! 全国共同行動」がこの呼びかけに応じ、石原伸晃内閣府TPP担当大臣と越智隆雄内閣府副大臣宛に書簡を送った。
 書簡の概要は次のとおり。
 「米国の撤退でTPP協定は明らかに死に体となった。何百万人もの人からなる広範な労働組合、市民団体、社会運動組織を代表する私たちは、秘密裏に交渉されたTPP協定は政府の公共のための法規制の権限や市民の基本的権利を犠牲にして、巨大企業に奉仕するものだったと確信している。
 TPP協定は安心な暮らし、良質の雇用と豊かさを約束するものではない。私たちにはTPP協定はないことこそ好ましい。TPP規律が将来の通商交渉の規範として使われてはならない。閣僚はTPP協定は失敗に終わったという現実を受け入れ、人と地球に重きを置く新たな枠組みを構築するため、開かれた民主的方法で取り組むべきことを強く求める」。
 共同事務局は▽TPP阻止国民会議(連絡先:山田正彦法律事務所)、▽フォーラム平和・人権・環境、▽STOP TPP!!市民アクション(連絡先:全国食健連)。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る