左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6000校で和食の学給 今月24日「食の日」に2017年11月16日

一覧へ

 11月24日は「和食の日」の学校給食を和食にする小学校等が増えている。

 (一社)和食文化国民会議(和食会議)のまとめによると、今年は、昨年実績の3000校を上回る6000校、約150万人以上を見込んでいる。
 和食会議は、11月を和食月間として、さまざまな活動を展開している。その一つが、日本の誇る第5の味覚、〝うま味〟を「だしで味わう和食の日」として、給食で、だしを味わえる汁ものを出すよう呼びかけている。「和食の日」を中心に、和食会議の役員や会員が講師として、小学校に出向き出前授業を行う。
 なお24日には東京都渋谷区渋谷の長井記念ホールで記念イベントを行なう。ドキュメンタリー映画「千年の一滴 だし しょうゆ」の上映会などがある。

○問い合わせ先:和食会議「記念イベント」事務局
○TEL:03-5226-9957。

 

(関連記事)
農はアート?食文化を国内外に発信-東京ハーヴェスト2017(17.11.07)
ロンドンで日本食の魅力発信 地域の中小食品企業を支援-クールジャパン機構(17.10.05)
【座談会 農協人を育み現場を支える】「農」の進化に挑み続ける東京農大(17.07.24)
自由貿易で高い競争力【デンマーク】(17.02.22)
今の小泉大きく見せすぎ(17.02.22)
【鈴木JA全国女性協会長・石田龍谷大教授 対談】横・世代の連帯が大事(17.01.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る