農政 ニュース詳細

2018.02.22 
荒茶生産量2%増加一覧へ

・平成29年産茶―農水省

 農林水産省は2月20日、平成29年産茶の主産県の摘採面積と生葉収穫量、荒茶生産量を公表した。

 主産県の茶の摘採実面積は3万4500haで前年産に比べ400ha(1%)減少した。茶の生葉収穫量は36万9800tで同5300t(1%)増加。また荒茶の生産量は7万8800tで、同1700t(2%)増加した。
 この調査は主産県を対象に行われるもので、主産県とは、直近の全国調査年(平成26年産)の全国の茶栽培面積のおおむね80%を占めるまでの上位都道府県などをさす。具体的には、埼玉、静岡、三重、奈良、愛知、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎の11県と京都府となる。
 なお、摘採実面積とは茶を栽培している面積のうち、収穫を目的として茶葉の摘み取りが行われた面積のこと。また荒茶とは、茶葉(生葉)を蒸熱、揉み操作、乾燥などの加工処理を行い製造したもので、仕上げ茶として再製する以前のものをいう。

 

(関連記事)
花粉症に効くお茶「べにふうき」をふるまう(18.02.21)
29年度輸出の優良事業者を表彰(18.01.17)
茶の有機栽培推進で会議(18.01.10)
収量に優れる緑茶新品種「せいめい」 農研機構(17.05.24)
「新茶の爽やかな香り、楽しんで」 ミノーレ(17.05.17)
〔164〕丹の国茶 【JA京都にのくに(京都府)】(17.03.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ