農政 ニュース詳細

2018.04.02 
農場HACCP審査で20農場を新たに追加一覧へ

・沖縄の農場が初の認証へ

 農場HACCP認証機関の一つである(公社)中央畜産会は3月30日、新たに20の農場を認証した。今回初めて沖縄県の4つの農場が認証を受けた。

 今回、認証を受けた農場は次の通り。

【鶏】(採卵)
▽アツミファーム農場(愛知)

【牛】(乳用)
▽CONNECT(北海道)

【鶏】(肉用)
▽中島鶏園太良農場(佐賀)

【豚】
▽下仁田ミート安中工場(群馬)
▽沖縄県食肉センター生産部数久田農場(沖縄)
▽農業生産法人くにがみ畜産繁殖農場(同)
▽同くにがみ畜産肥育第一農場(同)
▽同くにがみ畜産肥育第二農場(同)
▽木内養豚(千葉)
▽小長谷養豚(同)
▽愛東ファーム東庄肥育農場(同)
▽飯田養豚(同)
▽髙橋養肥育農場(同)
▽九重ファーム(大分)
▽南洲農場AIセンター(鹿児島)

【牛】
▽蔵王高原牧場宮城蔵王牧場(宮城)
▽同川崎育成牧場(同)
▽蔵王ファーム山形蔵王牧場(同)
▽同米澤農場(同)
▽同山形第2農場(同)

 畜産物の安全性向上のためには、個々の畜産農場における衛生管理をより向上させ、健康な家畜を生産していくことが重要となる。このため同省では畜産農場に危険要因分析や必須管理点(HACCP)の考え方を取り入れた飼養衛生管理を推進しており、平成21年8月に「農場HACCP認証基準」を公表。中央畜産会は同基準にもとづき23年に農場HACCP認証協議会から認証機関として認定され、審査業務を行っている。
 今回の認証で同日現在、農場HACCP認証農場は合計161となり、内訳は乳牛用が17、肉用牛28、豚71、採卵鶏42、肉用鶏3となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ