農政 ニュース詳細

2018.08.02 
まずはワンチェック、ワンアクションで安全な農作業一覧へ

・9月1日から秋の農作業安全確認運動

 農林水産省は、農作業死亡事故を減少させるため、9月から10月までを農作業安全対策の重点期間として「平成30年秋の農作業安全確認運動」を実施するが、この運動の開始に当たり、8月9日に農水省講堂で「平成30年秋の農作業安全確認運動推進会議」を開催する。

 今年の重点推進テーマは「まずはワンチェック、ワンアクションで農作業安全」で、このテーマのもとで全国が一体となって推進し、運動の浸透・充実を図っていくことにしている。とくに今回は、GAPの周知を通じた現場の改善運動、農業者への安全確保の声掛け・注意喚起など農作業事故防止対策の取り組みを推進していくことにしている。

 

【推進会議の概要】
◎日時:8月9日、13:30から15:30
◎会場:農林水産省本館7階講堂
◎議題:会議冒頭に平成30年農作業安全ポスターデザインコンテストの受賞式が行われる。その後、▽農作業安全対策について、▽取組事例講演(GAP関連)、▽農作業安全関係団体からの情報提供、▽意見交換が行われる。
◎傍聴申込:下記ULRなどから8月7日までに申し込む
◎申込フォーム:平成30年秋の農作業安全確認運動推進会議傍聴申込(農水省ホームページ)

 

(関連記事)
【意見交換】資材価格の引き下げ 販売増と規模拡大へ(18.07.24)
農作業死亡事故 65歳以上が8割超-28年調査結果(18.02.14)
ヘルメット着用を 農作業事故撲滅へ―JA長野県グループ(17.09.20)
農作業中の事故を防げ 自助・共助・公助の連携で 日本農業労災学会がシンポ(17.05.16)
ノーミス ノー事故 農作業(17.01.31)
農作業による死亡350件 平成26年の農作業死亡事故(16.05.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ