左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス削減全国大会を京都市で開催2018年9月19日

一覧へ

 まだ食べられるのに破棄されている食品である「食品ロス」は、年間646万tと推計されている。食品ロス削減に向けた全国的な機運の醸成を図るため、京都市および全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会は10月30日、京都市で第2回食品ロス削減全国大会を開催する。

■日時・場所
日時:平成30年10月30日(火)13:00~17:00
会場:京都大学百周年時計台記念館(京都市左京区吉田本町)

■プログラム
13:00 開式
13:15 挨拶・祝辞
13:35 基調講演▽高橋英一(瓢亭第14代主人)
14:30 セッション(食品ロス削減に係る取組事例の発表や意見交換)

 
【コーディネーター】
▽酒井伸一(京都大学環境安全保健機構附属環境科学センター長)

 
【セッションテーマと主なパネリスト】
・食品ロス発生の現状と課題▽崎田 裕子(ジャーナリスト・環境カウンセラー)▽浅利 美鈴(京都大学大学院地球環境学堂准教授 専門:ごみと環境教育)
・食品ロス削減に向けた仕組みづくり▽斎藤敬(日本チェーンストア協会関西支部参与)▽山川肇(京都府立大学生命環境科学研究科環境科学専攻教授)
・食品ロス削減に向けた住民・事業者の協働による実践▽高月紘(京都大学名誉教授)▽中村朱美(株式会社minitts代表取締役佰食屋オーナー)
17:00 閉会

■FAXにて申込
締切:10月12日(金)必着
FAX:075-256-3717(株)ビードリーム 第1営業局千葉亮太郎宛て

参加申し込み書は第2回「食品ロス削減全国大会」の開催及び参加者の募集についてからダウンロード

■問い合わせ先
農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課食品リサイクル班
担当:鈴木、佐藤
TEL:03-6744-2066

 

消費者庁消費者政策課
担当:戸川、坂井
TEL:03-3507-9244

 

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室
担当:鈴木、寺井、丸山
TEL:03-5501-3153

 

京都市環境政策局循環型社会推進部ごみ減量推進課
担当:山田、芦田
TEL:075-213-4930

 

(関連記事)
【座談会・与党議員に聞く】食料自給は国の責務 「田舎」守る政治を(1)(18.07.25)
飢餓と食育(17.06.07)
食農断絶と都市農業の確立(17.05.24)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る