農政 ニュース詳細

2018.12.04 
日本和食卓文化マイスター初級講座がスタート 日本和食卓文化協会一覧へ

 (一社)日本和食卓文化協会が、新カリキュラム制度を発表した。日本の旬や伝統食、伝統行事などを学び、四季とともに和食卓を楽しむ心を持つことを目指す。

 同協会が2019年1月にスタートする「日本和食卓文化マイスター初級講座」は、月に1回・全12回受講することで、独自の資格が認定される。
 1月は「正月前後の行事」や「小正月と冬の旬」について講義と料理実習が行われるが、2月は節分、3月はひな祭りなど毎月テーマが変わる。
 入会金は2万円(年会費・認定料込み、税別)、月会費は1万2千円(テキスト代・食料費込み、税別)で毎月随時受付。
 毎月第3金曜と土曜、午前10時から13時半に実施される。
 詳しくは、(一社)日本和食卓文化協会のホームページをご確認ください。

 

(関連記事)
ユネスコ無形文化遺産登録5周年「和食の日イベント」 農水省(18.11.21)
No.1ヒーローをめざせ! 子ども和食王選手権(18.06.12)
和食ごはん店をオープン "コメ"ニーズを探るコメ卸(18.01.30)
和食文化普及パンフレット 「和食文化を守る。つなぐ。広める。」と「和食給食」(16.03.29)
ベトナムに和食レストラン「花蝶」 JA全農(15.10.26)
危機にある「和食」 ユネスコ世界無形文遺産登録の意味(14.01.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ