左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋田で地熱発電所建設へ 環境アセスメント開始 出光2018年12月13日

一覧へ

 出光興産(株)、国際石油開発帝石(株)、三井石油開発(株)は、秋田県小安地域で地熱開発の共同調査を行ってきたが、本格的な事業化推進を目的に「計画段階環境配慮書」を経産大臣などに送付。環境アセスメントに着手したことを12月10日発表した。

 出光をはじめとする3社は、(独法)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の支援制度を活用し、2011年から秋田県小安地域で地熱開発の共同調査を行ってきた。
 地熱発電は天候に左右されず、安定的に電力供給が可能な『再生可能エネルギー』として注目されていて、東日本大震災以降国内各地で調査・開発が進められている。
 秋田では環境影響評価法に基づき、かたつむり山発電所(仮称)設置に係る「計画段階環境配慮書」を経済産業大臣、秋田県知事、湯沢市長へ送付し、環境アセスメントへ着手する。
 これで建設に向けた行程の第3段階終盤に差し掛かる。今後は実証実験を行い、事業化可能と見込まれれば発電所建設となる。

 

(関連記事)
【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(047)氷島つれづれ(18.12.07)
「第19回グリーン購入大賞」審査結果発表(18.11.22)
営農型太陽光発電 農地転用10年に-農水省(18.05.16)
【提言 金子勝・慶應義塾大学経済学部教授】農業・農協が「抵抗勢力」なのか(18.01.09)
資源作物「エリアンサス」で世界初の燃料の地域自給(17.09.14)
JA主体の事業運営を 共同元受でJAのリスク軽減【村山美彦・全共連代表理事専務】(17.09.11)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る