農政 ニュース詳細

2019.03.25 
農地価格24年連続で下落 田畑売買価格調査一覧へ

 全国農業会議所の平成30年田畑価格調査によると、純農業地域の農地価格は24年連続で下落しており、その要因は「農地の買い手の減少」が中田、中畑ともに3割を占めている。

 純農業地域の農用地区域の農地価格は、中田が10aあたり118万2000円、中畑が87万2000円となって下落した。
 中田、中畑価格ともに平成7年以降24年連続の下落。
 ブロック別にみると、沖縄(中田)を除くすべてのブロックで下落した。
中田価格は、関東(▲1.6%)、北信(▲1.9%)、近畿(▲0.6%)、中国(▲1.5%)、九州(▲1.8%)で下落幅が拡大した。
 中畑価格は、北信(▲1.8%)、中国(▲1.8%)、九州(▲1.6%)で下落幅が拡大した。
 価格の下落要因としては、農業への先行き不安や賃借の増加等による「農地の買い手の減少や買い控え」が最も大きく、次いで、中田では、「米価など農産物価格の低迷」(22.8%)、「後継者不足」(14.2%)、中畑では、「後継者不足」(18.3%)、「生産意欲の減退」(16.7%)が続いている。

 

(関連記事)
生産組織の全面受託料は上昇 農作業料金・農業労賃に関する調査結果 全国農業会議所(19.03.25)
【機構改革・人事異動】全国農業会議所(4月1日付)(19.03.25)
【人事異動】(一社)全国農業会議所(部長級以上)(18.06.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ