農政 ニュース詳細

2019.05.17 
奥原前次官 IT企業のオプティムが招聘一覧へ

 人工知能(AI)やIoT、ロボティクスを活用して産業基盤を再構築する戦略を推進しているIT企業、(株)オプティムは5月15日、経営諮問委員会を設置し奥原正明前農林水産事務次官を招聘すると発表した。

 同社(菅谷俊二代表取締役社長)は急速に普及しているインターネットをさまざまな分野、業界で快適に使えるサービス・インフラに変えていく事業を推進しており、現在は農業・建設・医療が主。戦略を加速させるため、各分野の第一人者を委員として招聘する経営諮問委員会を設置した。
 その委員(エグゼクティブアドバイザー)の1人に奥原正明前農林水産事務次官を招聘。任期は2019年5月1日から2021年3月31日まで。ほかに(株)小松製作所・野路國夫取締役、シメックス(株)・林正好特別顧問も委員となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ