農政 ニュース詳細

2019.07.02 
愛知県で豚コレラ 国内28例目一覧へ

 農林水産省は6月29日、国内28例目の豚コレラの擬似患畜が愛知県西尾市で確認されたと発表した。

 愛知県は6月28日に1000頭を飼養する当該農場から豚の異常の報告を受けて家畜防疫員による立入検査を実施した。同日、豚コレラの疑いは生じたため精密検査をしたところ擬似患畜であること29日に確認した。
 西尾市の当該農場に対して防疫措置を講じるとともに農場に隣接し糞便・たい肥運搬車両が共同で使用されている3農場と、その3農場から豚が移動していた3農場に飼養豚も擬似患畜として殺処分など防疫措置を講じた。
 防疫措置を講じたのは計4戸7農場、7565頭となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ