想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

先進的な都市農業を練馬区で体験 農業協同組合研究会 第14回現地研究会2019年7月24日

一覧へ

 農業協同組合研究会は、8月31日(土)に第14回現地研究会「最新の都市農業政策を先進地・練馬区で体験」を開催する。

 都市農業は、地域住民への食料供給や農業体験の場の提供、災害時の避難場所など重要な役割を果たしている。さらに昨年の都市農地貸借法制定により農地貸借の円滑化が促進されるなど、その果たす役割はいっそう重要となってきている。
 現地研究会が行われる練馬区は東京の都心にありながら、住民生活と密着した農業が営まれ、農産物直売所、農家レストラン、農産物加工施設の整備など、都市農業経営の支援とともに、農地や屋敷林のある風景の保存などに取り組んできている。こうした成果を基礎に今年11月には「世界都市農業サミット」開催を予定するなど、先進的な取り組みを進めてきている。
 今回の現地研究会は、こうした先進的な取り組みの実態について調査・研究することを目的に開催されるが、「身近にある都市農業を知る絶好の機会だともいえるので、多くの人たちの参加を」と同研究会では呼び掛けている。

 

【現地研究会の概要】

○日時:8月31日(土)13時15分から18時
○場所および日程:
▽13時15分 練馬区役所1階正面玄関前集合(東京都練馬区豊玉北6-12-1 TEL:03-5984-1398)
 最寄り駅:西部池袋線練馬駅西口から徒歩5分
▽バスで移動しながら周辺農業および直売所など施設を視察
▽14時から17時 生産者のほ場・施設の視察と懇談
 (1)農業体験農園などを運営している生産者の視察と懇談
 (2)練馬区農の学校などの視察
▽17時から18時 練馬区役所からの都市農業の実態と課題についての報告と質疑
▽18時 現地で解散
○参加費:無料(直売所での買上品は自己負担)
○申込締切:8月19日(月)
○問い合わせ・参加申し込み:
 農業協同組合研究会事務局
 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-1-15(農協協会内)
 TEL:03-3639-1121
 FAX:03-3639-1120
 E-mail:nokyoken@jacom.or.jp

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る