農政 ニュース詳細

2019.07.25 
豪州枠SBS輸入 863t落札-2019年度第2回入札一覧へ

 農林水産省は7月23日に第2回豪州枠SBS輸入入札を実施した。

 1000tの契約予定数量に対して863tの申込みがあり、その全量が落札された。
 一般米枠と加工・調製品枠は短粒種の玄米と精米合わせて803tが落札。税抜き加重平均買入価格は1t12万5460円、売渡価格は同18万5460円だった。マークアップ(輸入差益)は1kgあたり60円となった。
 そのほか、砕精米が60t落札した。買入価格(税抜)は1t7万3000円、売渡価格は同11万5000円となった。
 豪州産米のTPP枠での輸入は第2回までの合計で1719tとなっている。

 

(関連記事)
豪州枠 856t落札-2019年第1回入札(19.05.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ