左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪州枠SBS輸入 863t落札-2019年度第2回入札2019年7月25日

一覧へ

 農林水産省は7月23日に第2回豪州枠SBS輸入入札を実施した。

 1000tの契約予定数量に対して863tの申込みがあり、その全量が落札された。
 一般米枠と加工・調製品枠は短粒種の玄米と精米合わせて803tが落札。税抜き加重平均買入価格は1t12万5460円、売渡価格は同18万5460円だった。マークアップ(輸入差益)は1kgあたり60円となった。
 そのほか、砕精米が60t落札した。買入価格(税抜)は1t7万3000円、売渡価格は同11万5000円となった。
 豪州産米のTPP枠での輸入は第2回までの合計で1719tとなっている。

 

(関連記事)
豪州枠 856t落札-2019年第1回入札(19.05.31)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る