左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

8月は野菜の生育と価格、平年並みに2019年7月29日

一覧へ

 農林水産省はこのほど、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況と価格見通し(令和元年8月)について、主産地などから聞き取りを行い、その結果を公表した。

 ここ数年、天候不順により野菜の価格変動が大きくなっている中で、野菜の生育状況や価格の見通しを情報発信するため、同省では平成23年から主産地、卸売会社、中間事業者などから聞き取りを行っている。なお、聞き取りを行った14品目の野菜の生育状況は、同市場外において流通するものについても「同様の傾向」としている。

 

【現在の生育状況】
 現在の生育状況を見ると次のとおりとなっている。
▽根菜類(ダイコン・ニンジン)は、ダイコンは、概ね平年並み。一部産地では、少雨による干ばつにより、不揃いが生じている。ニンジンは、平年並み。
▽葉茎菜類(ハクサイ、キャベツ等)は、ハクサイおよびレタスは、7月上旬には、肥大が進み、大玉傾向だったが、その後、低温・長雨・日照不足により、肥大が落ち着くとともに、一部で傷みが発生。キャベツは、低温・長雨・日照不足により、肥大が緩慢で、生育遅延。ホウレンソウは、日照不足により、軟弱傾向。ネギは、平年並み。
▽果菜類(キュウリ、ナス等)は、キュウリ、ナスおよびピーマンは、主に東北南部から関東以西の産地で、低温・日照不足により、生育遅延や肥大不足が発生。ナスについては、一部で花落ちが発生。トマトは、低温・日照不足により、着色遅延。
▽土物類(バレイショ、サトイモおよびタマネギ)は、バレイショは、やや前進しているものの、生育は平年並み。サトイモは、平年並み。タマネギは、生育期間の気温が平年を上回って推移したため、生育・肥大が進み、大玉傾向。

 

【今後の生育、出荷および価格見通し】
 14品目の野菜について個別に見ると、ナスは、主産地で、低温・日照不足により、一部で花落ちが発生していることから、着果数が減少し、8月前半の出荷数量は平年を下回り、価格は平年を上回る見込み。今後、天候が平年並みに推移すれば、生育の回復が見込まれるため、8月後半の出荷数量、価格ともに平年並みに戻る見込み。また、タマネギについて出荷終盤となる兵庫県および佐賀県(貯蔵物)では豊作基調で、大玉での出荷であること、後続産地の北海道では、生育期間の気温が平年を上回って推移したため、生育・肥大が進み、大玉傾向であることから8月の出荷数量は平年を上回り、価格は平年を下回る見込み。
 その他12品目については今後、天候が平年並みに推移すれば生育の回復が見込まれるため、出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込みである。
 詳しくは、野菜の生育状況及び価格見通し(令和元年8月)(農林水産省)をご覧ください。



最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る