農政 ニュース詳細

2019.08.19 
豚コレラ 37、38例目を確認一覧へ

 農林水産省は8月17日、岐阜県で国内38例目となる豚コレラの擬似患畜を確認したと発表した。

 発生農場は同県揖斐郡揖斐川町。3600頭を飼養していた。
 同農場は野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた。
 また、8月12日には福井県で国内37例目の擬似患畜が確認された。農場は同県越前市で615頭を飼養していた。福井県で発生が7月29日に確認された34例目の移動制限区域内で、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内でもあり監視対象になっていた。
 いずれも防疫指針に基づき防疫措置が実施されている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ