秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

東京産野菜を100円で販売 東京野菜応援プロジェクト2019年8月26日

一覧へ

東京野菜応援プロジェクト 「東京野菜応援プロジェクト」を展開する(一社)東京野菜普及協会(東京都大田区)は、農家数と農地面積の減少や、配送によるCO2排出量の問題など東京の農業の課題解決をめざし、東京野菜の普及を推進している。

(写真)「応援!百援助」のシール

 今回のキャンペーンでは期間中、「応援!百援助!」シールを貼った東京野菜の対象商品が都内のスーパーなど限定で税抜き100円で購入できる。
 割引の仕組みは、協賛企業から「応援支援金」を募り、例えば、通常売価170円、通常卸値120円の場合、応援支援金を50円補填することで卸値を70円に値引きし、100円の店頭売価を実現する。

100円販売の仕組み

100円販売の仕組み

 「東京野菜」は、 東京全域で生産された野菜の総称。東京のおもな生産地域は温暖な気候に育つ野菜の北限であり、寒い地域で育つ果物などの 南限でもあることから、幅広い野菜の生産が可能。同協会は、「近くの大消費地へ新鮮な野菜を提供できる上、配送時に発生するCO2の排出量を抑えることができるのも東京野菜のメリット」としている。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る