左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生産者の背中押す支援策を-水戸市長が農相に要請2019年10月24日

一覧へ

 台風19号で浸水被害が発生に農業にも大きな影響が出ている茨城県水戸市の高橋靖市長が10月23日、農水省を訪れ江藤農相に緊急要望を行った。

水没したハウス台風19号で水没したハウス(水戸市平戸地区10月13日11時、水戸市役所提供)

 水戸市は那珂川沿岸で広範囲に浸水被害が発生し多くの市民が被災。道路など公共施設でも甚大な被害が生じている。
 また、市の農業地帯で浸水が発生したため農地、農作物、農業施設への被害も大きい。
 高橋市長は農林水産業、商工業に対する支援、被災者の生活再建、災害廃棄物・土砂の処理に対する支援、激甚災害法に基づく復旧支援などを求めた。

高橋美都市長緊急要望を渡す高橋水戸市長(写真中央)


 とくにGI登録を取得し売り出しに力を入れようと栽培してきた「柔甘ねぎ(やわらかねぎ)」に大きな被害が出た。高橋市長は「落胆は大きいが、意欲ある生産者で若い方々も多い。背中を押す方法を国と県と市でしっかり考えて支援していきたい」と話した。
 また、農業集落排水施設も被災したためその復旧支援も要望した。江藤農相は全力で支援に取り組むと話した。


(関連記事)
台風19号の農業被害は30都府県で600億円超(2019.10.24)
若い就農者に希望を 水害被災地の水戸  営農意欲の減退を懸念(2019.10.24)
500人規模の職員ボランティアで千葉の産地を支援 コーフ?デリ(2019.10.24)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る