農政 ニュース詳細

2019.10.24 
500人規模の職員ボランティアで千葉の産地を支援 コープデリ一覧へ

 コープデリ連合会は、12月1日までの期間、台風15号で甚大な被害を受けた千葉県内の産直産地の施設やほ場の復旧支援のため、職員およびその家族を対象に延べ500人規模のボランティアを募集し、現地に派遣する。
 

倒壊したビニールハウス倒壊したビニールハウス(船橋農産物供給センター)

 今回のボランティア活動は、倒壊したビニールハウスの片付けを中心に行う。生産者のみでは人手が足りないため、コープデリ連合会に支援要請があり、同連合会が準備を進めてきた。
 産直産地とコープデリはパートナーシップとしてのつながりがあり、生協の組合員や職員が日常的に交流してきた。組合員からは「早期の復旧を願っています」「おいしい野菜をこれからも届けてほしい」などの励ましの声があるという。
 ボランティアの概要は次のとおり。
▽支援の名称 「千葉県内の産直団体の圃場・施設復旧・収穫支援」ボランティア
▽派遣期間 12月1日(日)までの毎日 ※土曜日・日曜日の週末を中心に派遣する。
▽活動場所
○多古町旬の味産直センター(香取郡多古町)
○房総食料センター(山武郡横芝光町)
○船橋農産物供給センター八街支所(八街市)
○富里産直(富里市)
○長生産直(長生郡白子町)
○和郷園(香取市)
○佐原農産物供給センター(香取市) 以上予定
▽作業時間 10時〜16時(途中昼食休憩あり)
▽作業内容 ビニールハウスの後片付け、収穫作業の支援(現地の状況に応じて活動する)


(関連記事)
台風19号の農業被害は30都府県で600億円超(2019.10.24)
若い就農者に希望を 水害被災地の水戸  営農意欲の減退を懸念(2019.10.24)
生産者の背中押す支援策を-水戸市長が農相に要請(2019.10.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ